マラソン時の足の甲の痛みや爪の内出血の予防方法

こんにちは!

Tetsuyaです。

皆さんはマラソン時足の甲が痛くなったり爪の内出血で爪が真っ黒になった経験などありますか?

皆さん一度はなにかしら経験あると思いますが特に長い距離を走っていると水膨れができてたり爪が内出血で真っ黒になってたりしたことはあるんじゃないでしょうか?

僕は今は解消されてそういう事は無いですが2年位前まではそれはもう酷いもので色んなトラブルがありました。

原因ははっきりとは解りませんがシューズが合ってなかったなかったのと自分で自分に合うシューズがわからなかったのが一番の原因だと思っています。

今回は自分の経験を元にシューズ内に起こるトラブルの症状と予防方法を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク







トラブルの症状

爪の内出血

両足の小指以外の指は全部内出血し爪が死んでしまいその上からまた新しい爪が生えてくるので爪が厚くなり爪がでこぼこした形になってしまいそれの繰り返しです。

また、爪が剥がれたり剥がれそうになったりしたことがあります。

剥がれそうなときが一番最悪で剥がすのも嫌だし、絆創膏やテーピングで固定して走っていたと思います。

あと水ぶくれができたことも有り走れなくはないですが処理が大変で苦労した経験が有ります。

足の甲の痛み

着地衝撃からきているのか?足の甲の若干の腫れや痛みが伴い走れない時も有りました。

足の外側の痛み

大会などで全力で走った後足の外側が筋肉痛?のような症状で特にゴール後に急激に痛みが強くなり歩くのも困難な状態になったことがあります。

でも割と早く痛みは解消しランニングに復帰したと思います。

足の土踏まずの痛み

土踏まずのあたりがピリピリする症状です。全く走れないわけでもないのですが走りにくいしもんでもストレッチしてもいまいち良くならず自然回復するのを待っていたような感じだったと思います。

かかとの痛み

これも原因不明ですがアキレス腱ではなくほんとに踵の下側で骨の部分が腫れと痛みで走れない時も有りました。

なかなか治らず3ヶ月ぐらい走れなかった記憶があります。

予防方法

テーピングや絆創膏を使用する

靴ズレを起こしそうなところにあらかじめ張っておくことで予防します。

また、水膨れが出来てしまった場合水膨れ部分の皮を切ってキズパットを張るとかさぶたの代わりとなってキズを早くきれいに直してくれます。

走っても痛みを伴わないので軽いランニング程度なら翌日から可能です。

ランニングソックスを着用する

僕は5本指の裏に滑り止めの付いたものを履いて走っています。

シューズの中で足が動きずらくなるので爪の内出血や水膨れなども予防できます。

ランニングシューズのひもの結び方の工夫

ランニングシューズのひもの通し方は長距離ランナー向けの方法は左右交互に穴の下から上に靴紐を通す方法です。

結び方としてはランニングシューズのかかと部分に自分の足のかかとをしっかり固定させつつシューズの前側2列は緩めにそれから上は足にフィットさせる感じで絞めていき一番上の足首の部分はしっかり固定します。

これによって爪の内出血や水膨れの予防、また、あまり全体的にきつく締め付けすぎると足の甲や足の外側などの痛みに繋がる可能性もあると思います。

適正なサイズのランニングシューズの選別

色んな情報が出回っているのでなにが適正なのかわかりかねますが一般的にはシューズを履いてみてつま先に1cm位の余裕があるのと全体的なフィット感があるものを選ぶと良いとされていますが僕はフィット感というのが自分で判断できず自分に合ったランニングシューズを選んでくれ自分の足に合ったインソールを作ってくれるお店を見つけこれは解消できました。

まとめ

・テーピングや絆創膏を使用する

・ランニングソックスを着用する

・ランニングシューズのひもの結び方の工夫

・適正なサイズのランニングシューズの選別

本当に自分に合ったランニングシューズに巡り会えていればトラブルもないと思いますがそれはなかなか難しいことだと思います。

上記の方法でトラブルが解消できれば良いのですがそれでも解消できない場合はランニングシューズが全然合っていないと思うのでランニングシューズを買い替えることをお勧めします。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする