練習日誌を付けてみよう

こんにちは!

Tetsuyaです。

皆さんは練習日誌などつけていますか?

僕は毎日練習日誌を付けています。

練習日誌を付けることにより今までのデータを残すことが出来調子のよかった時はどんな練習をしていたのか?

とか過去の記録も参考にランニングに取り組んでいます。

ランニングを始めたら練習日誌を付けてみましょう。

今回は練習日誌を付けるにあたって僕の経験上書いた方が良い項目を挙げていきたいと思います。

スポンサーリンク







練習日誌の項目

練習内容

練習内容やタイム、練習場所などを記録しています。

僕の場合は練習日誌自体には大雑把に何キロ走ったとか何分走ったとか記載して一キロ当たりのタイムとか心拍数、など詳細なデータはランニングウオッチで計っているのでスマホのアプリで確認しています。

調子の上がらない時など過去のデータを見ることによって調子のよかった時の練習内容を参考にしたりレベルアップするには何が足りないのかなど過去のデータを参考にして練習内容を組んでいきます。

体重

これも毎日計って記録しています。

僕は毎朝起きて食事前に計っています。

体重管理は一般的には朝と夜の2回を勧められていますが毎日同じ時間帯や条件であれば一回で十分かと思います。

体重は重くても痩せすぎてもランニングのパフォーマンスは落ちてくるので何がベストなのか日々のデータを見比べています。

食事内容

体重管理やランニングのパフォーマンスに影響してくる部分です。

1日具体的な食事内容、摂取カロリーなどスマホのアプリで管理していた時も有りますが今は大体食べるものを決めているので摂取カロリーを練習日誌に記録しています。

そして一日の目標摂取カロリーを守れたか否かをみます。

また、時には付き合いで焼肉を食べに行ったり1日の摂取カロリーを大幅に超えてしまう時もあるので全体を見て他の日に摂取カロリーを抑えるなどして調整していきます。

大会の記録

大会の結果

ペース配分などレースをどのような考えで臨んだか

その日の天気、気温や風の強さ

レースで履いたシューズ

実際レースを走ってみて体感やペース運びなどはどうだったか?

大会前の食事内容やスタート前に摂ったエネルギーゼリーの商品名や摂取した時間

主にこれらのことを記録し自己ベスト更新したときまた、タイムが悪かった時何が原因なのか考える材料にします。

故障したときの様子

これも極力記録するようにしています。

どんな練習をしてどこを痛めたのか治るのにどの位かかったか試してみて早期回復に有効だった方法など2度同じケガをしたくないので詳細に記録しておくとケガの再発防止になります。

まとめ

・練習内容

・体重

・食事内容

・大会の記録

・故障したときの様子

上記色々書きましたが時には仕事など忙しくて付け忘れてしまうこともあると思いますがそれはそれであまり気にせず気楽に取り組むことが長く続けるコツです。

また、最初から完璧を目指そうとせず練習内容と大会の記録のみ記載するとか自分の目的や用途に応じて記載内容を限定していくのも良いでしょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする