マラソンの練習は毎日行った方がよいのか?

こんにちは!

Tetsuyaです。

皆さんはマラソンの走り込みは毎日休まずに行っていますか?

それとも定期的に完全休養を設けていますか?

マラソン関連の本など見てみると基本的には練習の強弱はあるものの休まず毎日走る方が良い、あまり積極的に完全休養を勧めている本は僕が購入した本には書かれていません。

僕も走り始めたころは毎日欠かさず走っていました。

仕事が夜の23時に終わってそれから走りに行ったこともあるくらいです。

理由は自分なりの大会までの目標もあるので練習しないのはもったいない(一日無駄にしてしまう)

また一日でも走らないといままで培ってきた走力が落ちていってしまうそんな気がしたからです。

僕の場合毎日走り続けているとうまく疲労抜きが出来ず疲労が溜まりそれが慢性的なものになりケガにつながる悪循環に陥ってしまいがちなので今は練習方法やを変えたり完全休養を設けるようにしています。

でもケガとは無縁で毎日走っている人もいるようですね。

毎日20km、30kmあるいはもっと長い距離を毎日走っている人もSNSなんかでよく見かけます。

とてもうらやましい限りです。

今回はランニングを毎日行うことで考えられるメリットやデメリットを挙げてみようと思います。

スポンサーリンク







ランニングを毎日行うことで考えられるメリットやデメリット

メリット

・心肺機能や筋力の維持向上

1日休んだくらいでは特に支障はないと思いますが、特に心肺機能は休むと衰えるのが速いと言われています。

また、スロージョグでも毎日続ければ心肺機能は向上するとも聞いたことがあります。

僕の場合は毎日走るのは肉体的にキツイので疲れが感じられるときは水泳やスポーツジムのクロストレーナーなどの足にあまり負担のかからない方法で心肺機能の維持をしています。

・気持ちの上でのモチベーション維持

ランニングを習慣化すると精神面が鍛えられ達成感をえられ日々の生活に充実感が出てきます。

デメリット

・ケガのリスクが高まる

休まないと当然疲労が蓄積されていくので疲労が溜まりやすく抜けにくくなり慢性的なものになりやすくそれがケガに繋がることも有ります。

あまり極端に熱を入れすぎると仕事にも影響する可能性も有ります。

ケガをしてしまい何か月も走れない状態が続くとすっかり気持ち的にもモチベーションが下がってしまいこれを機に走るのを辞めてしまうケースも少なくありません。

・記録が伸び悩むことが有る

疲労が溜まると体が重く感じパフォーマンスが上がってこない時期もあると思います。

そういう時は思い切って2、3日休んで走ってみると体が軽く感じタイムも飛躍的に縮まったケースは良くあることです。

ランニングも筋トレと同じように完全に回復するには練習量にもよりますが2、3日かかるんじゃないかと思います。

まとめ

メリット

・心肺機能や筋力の維持向上

・気持ちの上でのモチベーション維持

デメリット

・ケガのリスクが高まる

・記録が伸び悩むことが有る

人それぞれランニングの取り組み方はあると思いますが、ランニングにおいて精神面、肉体面、心肺機能の維持を日々自分の体の状態を感じながらうまくコントロールしていくことが重要だと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする