ランニングライフのマンネリ化を無くすための工夫

こんにちは!Tetsuyaです。

皆さんランニングを行う際走るコースはいつも決まった場所を走っていますか?

それとも色々な場所に出向いて走っていますか?

僕は走り始めの頃は毎日同じコースを走っておりそれはそれで徐々に楽に速いタイムで走れるようになるとモチベーションが上がったりして常に同じコースを走ることによって自分の調子や成果を実感、確認できるのでメリットもあり、良いと思うのですが今は独自のランニングコースを沢山持っていていつも違う場所を走っています。

やっぱりある程度長くランニングを続けていると飽きて来るんですよね。

今回はランニングに飽きないためのランニングコースの紹介の記事を記載していきたいと思います。

スポンサーリンク







ランニングコースを作る

一般の道路歩道を走る。

通常、自分の家からなるべく信号や車通りの少ない場所を皆さん選んでいるかと思います。

1番手っ取り早くランニング出来る方法です。

よくロング走など行っており町外れの歩道の無い場所で路肩を走っている人を見かけます。

僕も歩道は時々凹凸があって走りにくいので路肩を走ったことが有るんですがある日横から車の運転手に注意された経験が有ります。

基本的には路肩を走っているので車の通行の妨げにはなっていないのですがでも歩道の無い場所や路肩や道路を走るのは危ないし車の通行に迷惑がかかる可能性もあるので止めましょう。

運動公園などで周回コースを探す。

大きな施設だとランニング専用にコースが設けられている所も有りますし割と最近作られた公園なんかはアスファルトの代わりにゴムチップなど関節にやさしい材質で作られた道も有りウオーキングやランニングするには絶好の場所とも言えるでしょう。

サイクリングロードを利用する。

昔は一般の道路だったが今は利用されずサイクリングロードとして開放されている所が僕の住んでいる地域の近くにあるんですがとても長い距離があるのでロング走を行ないたいときなど活用しています。

何もないので車などの危険はないのですが周りが林や森なので野生動物(熊など)の危険がないかチョット気にはなりますが…

砂浜を走る。

僕は冬場雪が降って路面状況が悪くて走れない時に砂浜を走ることもあります。

海が荒れているときは危ないので走れませんが雪が降った後でも海岸は波で雪が流されて無いことが多いし、寒さのせいか砂浜自体も若干固くなっているので走るのには丁度いい状態なんです。

道路のように平らで固くないので走りにくい分足腰の強化に繋がったり関節も痛めにくいので意外と練習にもってこいの場所だと思います。

まとめ

・一般の道路歩道を走る。

・運動公園などで周回コースを探す。

・サイクリングロードを利用する。

・砂浜を走る。

時間が有るとき色んな場所に出向いて快適に走れそうな場所を自分なりに探してみるのもモチベーション維持に繋がって良いのではないでしょうか?

また、車や障害になるものが何もない場所なら自分の好きな音楽など聴きながら走るのも良い気分転換になると思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする