勝つレースを意識したレースの駆け引きやスパート

こんにちは!

Tetsuyaです。

僕は、よくマラソン大会に出た翌日など職場の人なんかに何人中何位だった?って聞かれるんですが皆さんそんな経験ありますか?

質問には率直に答えますが僕ら普通の市民ランナーは何人中何位とかさほど気にしてないしむしろ記録の方が気になっていますよね。

僕の中学生の頃の話になるんですが僕の住んでいる地域はさほど陸上競技のレベルが高い方でなく市内大会や管内大会などでは常に1位だったし目標といえば自己ベスト更新や大会記録を破る事で誰かと勝負する感覚はあまりありませんでした。

そんな中記録も順調に伸びていき中学2年の全道大会前の予選大会で1500mを走ったのですが昨年の全道大会優勝記録と同タイムで走ることができました。

当然学校からも期待され全道大会優勝して来いよ!と激励され臨んだのですが結果は予選落ちでした。

特別調子が悪かったわけではありません。

全道大会ともなると自分と同レベルの人はたくさんいるしレベルの高い地区いわゆる激戦区ではレース運びが全然違ったんです。

如何に速いペースの中でも力と気持ちを高めつつラストスパートで抜きんでるかが重要で僕はレースの駆け引きやラストスパートの経験などないのでついていけずまさかの予選落ちしてしまいました。

その後は来年に向けて勝ちに行くレースが出来るよう陸上部の顧問の先生と練習方法を考え競い合いながら練習に励みました。

今回はその当時の練習方法をなど記載していこうと思います。

スポンサーリンク







大会で勝つレースをする為の練習方法

気持ち的な切り替え

これがなかなかできませんでした。

僕の場合は記録狙いの走り方しかできなかったので最初である程度力を足し切り後半は如何に粘るかみたいな感覚だったので…

日々の練習で常に意識して改善していくしかないと思います。

競争相手を見つける

近隣の大会などでは競う相手がいなくそのあたりは激戦区と比べ不利でしたが僕は顧問の先生と日々の練習で競い合うことで解消できました。

レースを意識してラストスパートの練習

ラスト200m位からの急激なスパートに対応できるよう顧問の先生と競い合いながらみっちり行いました。

激戦区のラストスパートは短距離走のダッシュと変わらない位速くて中々身に着けるのは困難を極めました。

レースペースに強弱をつけ周りのペースを乱す練習

例えばトラック1週ごとのタイムを5秒前後上げ下げし揺さぶりをかけ周りの選手の呼吸を乱して脱落させていく尚且つそれに耐えられるようあえてペース変化を付けて走る練習もみっちり行いました。

これらの練習を陸上部の顧問の先生と競い合いながら行い何とか全道大会でも勝ちに行けるレースができるようになり中学3年の全道大会では800mで入賞することができました。

まとめ

気持ち的な切り替え

競争相手を見つける

レースを意識してラストスパートの練習

レースペースに強弱をつけ周りのペースを乱す練習

今回のテーマも前回同様学生の頃をふと思い出し記事にしているのですが今回のテーマはどちらかというと陸上競技場で行うトラックでの中長距離のレースや実業団とかほんとに本格的にマラソンに取り組んでいる人やそれに近い人が勝負にこだわりを持たなければいけない人が勝つための練習方法などの記事なのでもしトラック競技をやる人がいたら参考までにと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする